越生のシェアハウス

Shared House in Ogose

Saitama, Japan
Project in 2015

 4~50代の女性のためのシェアハウスの計画。

 若者のそれとは異なり、それぞれの確固とした生活キャリアをもつ住人のためには、それぞれの独立した家と、生活を重ね合わせる共同の場がどちらも必要である。
 この計画では、独立性の高い家が集落のように集まりつつ、軒を貸し合って共同の場を作る。家には広い収納と十分な水周りが備えられ、時には生活を独立させることができる。ひとつながりとなった大屋根にはひとつひとつ天窓がもうけられ、明るい軒下空間を作る。